生活習慣病:気管支ぜんそく



生活習慣病:気管支ぜんそく

 

生活習慣病:気管支ぜんそく

 

大人になってからの気管支ぜんそく

 

気管支ぜんそくの特徴は、呼吸するときにゼーゼー、ヒューヒューと胸で音が聞こえる喘鳴や呼吸困難などの発作がおこることです。

 

発作は刺激を受けた気道(気管や気管支)がアレルギー反応で狭くなり、空気の通りが悪くなっておこりますが、軽い段階でも激しくせきこんだり胸が苦しくなったりします。

 

最近は生活が豊かになり、食生活や住環境の変化でアレルギー体質の人が増えて、それにともなって気管支ぜんそくの患者が増えています。

 

とくに子どもではいわゆる小児ぜんそくにかかることが少なくありません。

 

そのうちの半数は成長とともに治りますが、あとの半数にはいったん治ったものが大人になってまた現れるもの、大人になるまで治らないものが含まれます。

 

しかし、子どもの時期に全然経験がない人でも、成人してから突然発作に見舞われるケースも少なくありません。

 

とくに高齢者や他に慢性の成人病をもっているような場合には、気管支ぜんそくが原因で死亡することもあるので注意が必要です。

 

身の回りに増えるアレルゲン

 

人にはからだの中に侵入した異物を攻撃したり外部からの刺激物を取り除こうとする免疫の仕組みがあります。

 

この免疫が過剰に反応して働くのがアレルギーです。

 

アレルギーをおこす物質はいろいろありますが、人によってもアレルゲン(アレルギーをおこるもと)になる場合、ならない場合があります。

 

大気中にはいろいろな刺激物質が含まれていますが、呼吸にともなってそれがアレルゲンとなって気道を刺激して炎症をおこし、さらに刺激を強めるのでぜんそくの発作がおこりやすくなります。

 

住環境がかわったために身の回りに増えたアレルゲンでは、ダニやほこりはよく知られていますが、その他ペットのほこり、花粉、たばこの煙、排気ガス、気温や湿度の変化なども指摘されています。

 

健康な人が反応しない場合でも、ぜんそく患者はこれらのアレルゲンによるわずかな刺激にも過敏に反応し、発作をおこすので注意しなければなりません。

 

発作が出やすいときとよく似た病気

 

発作が出やすいのは夜間から明け方にかけてですが、季節や天候のかわり目にも発作をおこす人が増えます。

 

ふだんはそれほどでもないのに、かぜをひいたときや、疲労が重なったり睡眠不足のときなどにも、発作が出やすい傾向があります。

 

また気管支ぜんそくに似て、しつこく苦しいせきが出る病気には、肺気腫、気管支拡張症、気管支炎、肺塞栓などの呼吸器疾患や他の病気による気道狭窄などがあります。

 

医師の注意と指導を守って正しい病気への対処が必要です。



HOME プロフィール お問い合わせ