生活習慣病:肺炎



生活習慣病:肺炎

 

生活習慣病:肺炎

 

感染症の肺炎と非感染性の肺炎

 

肺の組織に炎症がおこる病気を総称して肺炎といいますが、感染性のものと非感染性のものがあります。

 

感染性のものでは、呼吸とともに吸い込んだ感染源の種類によって、細菌性肺炎、ウィルス性肺炎、真菌性肺炎などと分類されます。

 

非感染性のものには、放射性肺炎、薬剤性肺炎、アレルギー性肺炎などがあります。

 

また炎症が肺胞の組織(間質)におこると間質性肺炎、肺胞の中のふつうは空気が入っているところにおこると肺胞性肺炎というように炎症のおこる場所から名称がつけられる場合や、食べものなどを誤って気道に飲み込んだために肺に感染をおこす嚥下性肺炎など、行為を病名に使っている場合もあります。

 

このようにひと口に肺炎といってもさまざまなものがあり、予防や治療の方法も一様ではありません。

 

口中の常在菌も原因になる細菌性肺炎

 

かぜやインフルエンザにかかって、気管や気管支の粘膜に炎症がおきると、ふだんはすぐにたんと一緒に出てしまうような菌が粘膜につきやすくなります。

 

気管支の奥のほうへ入った菌がおこした炎症が、肺胞へ及ぶようになると細菌性肺炎となります。

 

抵抗力が落ちている人が食事のときむせたり、あるいは無意識に唾液や胃液などが気管内へ吸引されると、口腔内にいる常在菌とくに嫌気性菌をいわれる菌により肺炎がおこります。

 

その結果、肺の一部が壊死して空洞ができることがあり、これを肺膿瘍あるいは肺化膿症といいます。

 

免疫力が弱い老人や慢性病の人は注意

 

お年寄りの場合は免疫力が低下しているので、ちょっとしたかぜでも肺炎をおこすきっかけになります。

 

これをとくに老人性肺炎と呼んでいます。

 

また糖尿病、心臓病、脳の血管障害、腎臓病、肝臓病などの慢性病がある人の場合も、やはり免疫力が弱くなっているので肺炎をおこしやすくなります。

 

始めはのどの痛みや鼻水、鼻詰まり、頭痛などのかぜの症状ですが、肺炎をおこすと高熱がつづき、呼吸困難や胸の痛みなどの症状が現れてきます。

 

しかし老人性肺炎の場合はあまり高熱にならないまま、症状もたいしたことがないようにみえることがしばしばです。

 

そのうちに急に意識不明になって生命に危険が及ぶことも少なくないので、厳重に注意しなければいけません。

 

カビがもとになるアレルギー性肺炎

 

とくに病原微生物の感染によらないで肺炎をおこすものに、アレルギー性肺炎があります。

 

アレルギーをおこす原因物質(アレルゲン)はいろいろあり、人によっても感受性に違いがあります。

 

日本の家庭は木造のものが多く、とくに湿った環境ではカビが生じやすくなります。

 

そのカビの一種のトリコスボロンを吸入してアレルギー性肺炎をおこすことがあります。

 

梅雨の時期以後におこるので、夏型過敏性肺炎といいます。

 

またエアコンや加湿器などの水に真菌が繁殖すると、室内に散らばって肺に吸い込まれ、アレルギー性肺炎のもとになりますが、これを加湿器肺・空調病といいます。



HOME プロフィール お問い合わせ