生活習慣病:かぜと慢性気管支炎



生活習慣病:かぜと慢性気管支炎

 

生活習慣病:かぜと慢性気管支炎

 

かぜはいろいろなウィルスが原因

 

季節のかわり目などの気温変化の大きい時期に、よくかぜをひきます。

 

かぜはごく身近な病気で、長くても1週間くらいで治るのがふつうです。

 

原因はウィルスによる感染がほとんどですが、種類が多く病型や症状もさまざまなので対処を誤らないことが大切です。

 

病原となるウィルスの主なものは、インフルエンザウィルス、パラインフルエンザウィルス、RSウィルス、アデノウィルス、ライノウィルス、コクサッキーウィルス、エコーウィルス、コロナウィルス、レオウィルスなどですが、ウィルス以外にもマイコプラズマやクラミジア、ある種の細菌などもかぜをおこします。

 

これらの病原微生物が鼻腔、咽頭や喉頭、気管や気管支、肺などの呼吸器に感染し、炎症をおこしたものがかぜです。

 

感染したところや病原によっても違いますが、たいていはくしゃみ、鼻水、頭痛、発熱、のどの痛み、せき、だるさなどほぼ共通した症状が出るので、一括して「かぜ症候群」といいます。

 

抵抗力の弱い老人はとくに注意

 

インフルエンザのように全身症状が強く出るかぜもありますが、ふつうのかぜ(ライノウィルス、コロナウィルス、アデノウィルスなど)は、多くは比較的軽い症状で済み、寝込まないでも自然に治ります。

 

しかし老人の場合は、感染に対する抵抗力が弱まっているので、かぜをひくと治りにくく、ときには気管支炎、肺炎に進んでしまうことも少なくありません。

 

とくにインフルエンザのように強い全身症状が出るものは注意が必要です。

 

ともかく、かぜは万病のもとといわれるように、身近な病気ですが対処を誤ると余病を併発しやすいので、医師の注意や指導は必ず守るようにしましょう。

 

せきとたんが長引く慢性気管支炎

 

中高年になるとしつこいたんやせきに悩まされる人が多くなります。

 

気管支拡張症や肺結核、肺炎などではたんやせきは基本的な症状ですが、このようにもとの病気がはっきりとはわからない場合、とりあえず慢性気管支炎とする場合があります。

 

もともと気管支の内側の粘膜には、粘液を分泌して呼吸とともに侵入するほこりやばい菌を吸着し、それを線毛の運動でのどのほうに押し出す働きがあります。

 

押し出されたものがいわゆる「たん」です。

 

健康なときはたんは透明で量も少なく粘りもないので、のどにたまることもなくせきも出ません。

 

これは気管や気管支の一種の防御機構ですが、たばこの煙、大気汚染、ほこり、刺激性の化学物質などが呼吸にともなって入ってくると、その刺激がもとで粘液分泌の増加や線毛の減少がおこります。

 

その結果増えた粘るたんがのどに押し出されにくくなり、せきでたんを出すようになるのです。

 

防御機構の衰えと汚れた空気の呼吸

 

呼吸する大気の汚れがとくになくても、50歳前後からせきとたんがでる人が多くなるのは、からだの衰えで防御機構の働きが弱まったためです。

 

もし、たばこなどの汚れた空気を呼吸していれば、せきとたんはさらに増えてきます。

 

気管や気管支の粘膜は防御機構の衰えや汚れた空気の刺激を受けて、弱っているのでせき込んだときなどすぐ傷ついてしまいます。

 

年をとっていれば免疫力も落ちているので、細菌感染もおこしやすくなります。

 

細菌感染は気管支の奥の肺に達すれば肺炎になります。

 

慢性的に気管支炎に悩まされている人は、かぜにもかかりやすいし、いったんかぜをひくと今度はなかなか治りにくく、ウィルス性の気管支炎や肺炎を併発し重症にならないとも限りません。

 

インフルエンザの流行する季節には十分注意する必要があります。



HOME プロフィール お問い合わせ