生活習慣病:肺線維症



生活習慣病:肺線維症

 

生活習慣病:肺線維症

 

肺胞の線維化で肺機能低下

 

傷や炎症が治ったあとが硬くひきつれになることがあります。

 

これは線維組織が増えておこりますが、同じようなことが肺におこるのを肺線維症といいます。

 

肺には呼吸した空気から血液中に酸素を取り込み、かわりに二酸化炭素を空気中に放出するガス交換の働きがあります。

 

これは全部で何億個にも達する肺胞で行われています。

 

ここに繊維化がおこると肺胞が硬く縮んでしまい、ガス交換ができなくなって呼吸困難に陥ります。

 

肺の中におこる線維化でも、その程度が軽い場合や、比較的小さい範囲におさまっているときは、肺機能への影響は少ないので問題ないのですが、広範囲におきたり線維化が広がって重症になるようなときは、生命にかかわることもあり危険です。

 

多くは呼吸器や全身性の病気が原因

 

肺全体に広範囲におこる線維化は、大量のほこりにさらされる職業病の塵肺や、アレルギー性肺炎、抗がん剤使用でおこる薬剤性肺炎、膠原病のような全身性の病気、肺結核などが原因でおこることがあり、原因がよくわからない場合も少なくありません。

 

広範囲に線維化がおこると肺活量が極端に小さくなり、血液中(動脈)の酸素が不足して低酸素血症に陥ります。

 

ゆっくり進行するものや固定して進行しないものが多いのですが、ときに急性の場合もあります。

 

いったん線維化したものは健康は肺にはもどりませんが、原因疾患の治療で線維増殖が広がるのを防ぐためにも、入院治療が必要になることも少なくありません。

 

肺線維症の症状

 

肺線維症はいろいろな原因によっておきる肺の終末像で、肝障害の終末像である肝硬変によくたとえられます。

 

原因のわからない肺線維症は、特発性間質性肺炎によって形成されるものです。

 

進行性の場合が多い肺線維症では、初めのうちは階段を昇るときや運動で呼吸困難を感じますが、次第に安静時でも息切れを訴えるようになります。

 

たんをともなわない頑固なせきが出たり、指の先端が丸くふくれて太鼓のバチのように変形するバチ状指がみられるようになることもあります。

 

病変は背中側の肺の下方に始まり、やがて全肺野に広がっていきます。

 

聴診器をあてると、病変のある部位では、マジックバンドをはがすときに似たバリバリというベルクロラ音が聞こえます。

 

病気の進行はゆっくりで、血液中の酸素が慢性的にたりなくなるので酸素吸入が必要となり、結局は約半数が5年で亡くなります。

 

今のところ効果的な治療法はありません。



HOME プロフィール お問い合わせ