生活習慣病:慢性胃炎



生活習慣病:慢性胃炎

 

生活習慣病:慢性胃炎

 

胃の粘膜の萎縮がみられる慢性胃炎

 

40代、50代になると、胃もたれや胸やけ、げっぷ、鈍い胃の痛みなどが日常的におこる腹部の不快感に悩まされる人が多くなります。

 

比較的原因がはっきりわかる急性胃炎と違って、これといって原因がはっきりしない場合をまとめて、慢性胃炎という病名が多く使われます。

 

長い間の生活習慣、とりわけよくない食習慣の積み重ねに加えて、感染による炎症、加齢にともなう抵抗力の低下、ストレスなどの因子が影響しておこるといわれていますが、くわしいことはわかっていません。

 

胃潰瘍や胃がんなどはふつう胃炎をともなうものですが、もととなる病気がないのに胃が慢性的な炎症におかされる場合があります。

 

慢性胃炎の胃の中を内視鏡でみると胃粘膜の萎縮(固有胃腺の萎縮)がおきていることが多いので、慢性萎縮性胃炎といわれます。

 

主に食生活の乱れが原因

 

胃の粘膜に萎縮がどうしておこるかは、はっきりしていません。

 

消化のよくない食べ物や刺激性の飲食物を繰り返しとる、暴飲暴食をする、熱いものを食べたり飲んだりするなどが習慣になっていると、萎縮性胃炎になりやすいといわれます。

 

ことに濃いコーヒーや紅茶、アルコールの飲み過ぎは胃炎になる例が多いようです。

 

飲食物ではないのですが、たばこも胃炎の進行を促し、ストレスも影響が大きいといわれます。

 

そのほか免疫の異常によるものや急性胃炎の繰り返しから慢性化する場合などもあります。

 

一定しない腹部症状

 

症状は必ずしも一定していません。

 

ふだんまったく無症状なのに健診などで発見される場合がある一方、主な症状として胃もたれ感や胸やけ、げっぷ、鈍い胃の痛みなどの上腹部不快感のほか、食欲不振や全身倦怠感を訴えたり、食後の腹痛、吐き気や嘔吐、ときには吐血することもあり、重い症状に驚かされることもあります。

 

以上のような症状のどれかに思いあたる節がある人は、日常生活をふり返ってよくない点をすぐにでも改めることが大切です。

 

それでもなかなか改善されないことも少なくありませんが、そのときは専門医を受診し検査を受けるようにしましょう。

 

ことに吐血があるときは緊急な治療が必要になるので、急いで受診することです。



HOME プロフィール お問い合わせ