生活習慣病:老視



生活習慣病の基礎知識:老視

 

生活習慣病の基礎知識:老視

 

近くのものが見えにくくなる

 

四十代の中ごろより、近くのものが見えにくくなることが多くなります。

 

老眼になったためです。老眼は医学的には老視といわれますが、これは加齢による生理現象であり、だれも防ぐことはできません。

 

四十五歳ごろから老眼鏡が必要になり、徐々に度が進行していきます。

 

老視がおこるわけ

 

眼球の中にはレンズの役目をしている水晶体という組織があります。

 

若いときはこの水晶体は弾力性があり、見るものの距離に応じてレンズの焦点距離を変化させるため、厚みを自動的に変え、オートフォーカスのカメラのようにどの距離にある物体でもピントを合わすことができます。

 

遠くのものを見るときは水晶体の厚みが薄くなり、近くのものを見るときは厚くなります。

 

中年以降になると水晶体の弾力性が失われてくるため、ピント合わせの力(調節力)が衰えます。したがって近くのものを見るときに水晶体が厚くならず、眼底のフィルムにピントが合わないためぼやけて見えるようになるのです。

 

近くのものを見るときは、凸レンズの眼鏡を用いてピントを合わせるようにします。

 

老視は遠視とは違う

 

老視を遠視と混同している人は少なくありません。

 

どちらも近いものが見えにくいので同じものと考えがちです。

 

遠くからくる光が眼底の後ろで像を結ぶ状態が遠視ですが、これは眼球が少し小さいか、または水晶体の焦点距離が長いためにおこる屈折異常です。

 

遠視の人は、若いときから遠くのものを見るのにも凸レンズの助けが必要になります。

 

老視の症状

 

本を読んでいて、ふと遠くのものを見ようとするとぼやけて見え、しばらくするとはっきりピントが合うようになるというのが最初の症状です。

 

ピント合わせに時間がかかるようになるのです。

 

そのうち、新聞や本を読むのに少し離して見るほうが見やすいことに気づいてきます。

 

この時期に、少し暗いところで本を読んだり、辞書などの細かい文字を長い間見ていると、眼が疲れやすくなり眼精疲労が出てきます。

 

眼精疲労は、肩こりや頭痛などの原因になるので、適切な老眼鏡を作る必要があります。

 

老眼鏡の作製

 

老視が進んでくると、無理をして近くのものを見るということになります。

 

日常生活や社会生活に不便を感じたり、眼精疲労などの症状が出たら、眼科医の診察を受け早めに自分に合った老眼鏡を作成しましょう。

 

出来合いの老眼鏡では、かえって症状を悪化させることがあります。

 

老視の初期には進行の程度が早く、作成した眼鏡が合わなくなってきます。

 

眼科医の指導を受けて、適切な時期に作りかえるようにしましょう。

 

遠近両用眼鏡

 

老眼鏡は近くのものを見るためのものであり、遠くのものを見るときはピントが合いません。

 

手もとのものから遠くのものまで、どの距離のものもはっきりと見えるようにするためには、遠近両用眼鏡が必要です。

 

この眼鏡を上手に利用すると、社会生活の幅が広がりたいへん便利になります。

 

遠近両用眼鏡にはいろいろな種類があります。

 

二重焦点レンズは、上が遠用、下が近用になっています。

 

三重焦点レンズは、上下の中間に仕事などの距離に合わせた中間距離用のレンズが入っています。

 

境目のない眼鏡としてよく知られた累進焦点レンズは、遠用から近用まで徐々に度数を強くしているので、いろいろな距離でピントを合わすことが可能です。

 

これらの眼鏡はとても便利ですが、近用を担当するレンズの大きさが小さいことが難点であり、人によっては長時間近くのものを見続けていると疲れるということがあります。

 

仕事専用または読書専用の眼鏡と使い分けるほうがよいと思います。



HOME プロフィール お問い合わせ