生活習慣病:糖尿病網膜症



生活習慣病の基礎知識:糖尿病網膜症

 

生活習慣病の基礎知識:糖尿病網膜症

 

成人の失明原因の上位

 

糖尿病では血液中の糖(血糖)が多くなるため、全身の組織の血管に異常がおこってきます。

 

眼底にある網膜の細い血管が障害された結果、発症するのが糖尿病網膜症です。

 

発病年齢や血糖のコントロール状態によっても異なりますが、糖尿病と診断されてから5-10年すると発生する率が高くなります。

 

糖尿病網膜症による失明は、欧米では成人の失明原因の第一位であり、わが国でも上位になってきています。

 

病気の早期発見・早期治療(血糖コントロール)が大切です。

 

単純網膜症

 

糖尿病網膜症はとても怖い病気ですが、網膜症の人がすべて失明するわけではありません。

 

網膜の毛細血管がおかされると、血管の壁が部分的にふくらんで毛細血管瘤というものができます。

 

さらに毛細血管の壁が障害されると血液の成分が漏れ出るようになり、網膜に出血するようになります。

 

このような出血が網膜のあちこちに広がっていくと、健康診断で行われる眼底写真ではっきりと眼底出血が観察されるようになりますが、この時期ではほとんどの場合、視力の低下や異常を感じることはありません。

 

このような状態を単純網膜症と呼んでいます。

 

このタイプの網膜症では進行がたいへんゆっくりですが、早いうちに血糖を適切にコントロールすることによって、悪いタイプの網膜症に進展させないことが重要です。

 

増殖網膜症

 

単純網膜症が進んでいくと、約10%の人が失明の危険性が高い悪性の増殖網膜症になっていきます。

 

網膜の毛細血管の異常がつづくと、血管が閉塞して、血液が流れない部分があちこちに生じてきます。

 

この部分の栄養を補うために新しい血管(新生血管)が出現してきますが、これらの血管はとてももろく、すぐに破綻して出血しやすいという性質をもっています。

 

またこの血管とともに、線維性の結合組織も増殖してきます。

 

このようになると、網膜に大出血がおこったり、眼球の中にある硝子体という組織にも出血が入り込むようになり、視力も急速に低下していきます。

 

さらに進むと、硝子体内の出血塊とともに、増殖した結合組織が収縮してひきつれをおこし、網膜が引っ張られて眼球壁からはがれてしまい、難治性の網膜剥離をおこして失明の危機に直面します。

 

血糖コントロールと眼底の定期検査

 

糖尿病網膜症が発症しても、単純網膜症から進展しないで、視力が良好に保たれている人はたくさんいます。

 

糖尿病の発見がおくれた人、まったく治療を受けなかった人、血糖のコントロールを怠った人などが、増殖網膜症になった人の大部分を占めています。

 

内科の専門医からの適切な血糖コントロールと、眼科での定期的な眼底検査がたいへん重要です。

 

網膜症を進行させないために

 

網膜出血が発見され、単純網膜症と診断されたときは、増殖網膜症に進行させないように努力しなければなりません。

 

血糖のコントロールが最も大切ですが、眼底検査で網膜の状態が悪化する徴候が発見されたら、光凝固療法というレーザー治療を受ける必要があります。

 

光凝固療法は、実施するタイミングによって治療効果に大きな差異が出ることがあるので、実施時期をみきわめることが非常に重要です。

 

増殖性変化が進行して、網膜剥離をおこしている時期に行うと、効果がないだけでなくかえって危険な処置になってしまいます。

 

治療効果をあげるためには、毛細血管が閉塞して新生血管が出現し始める状態をみつけ、その時期をのがさずに行わなければなりません。

 

単純網膜症から増殖網膜症へ移行する時期を前増殖網膜症と呼んでいますが、網膜症の程度を確認するためにも、眼科で定期的に眼底検査を受けることが大事です。

 

前増殖網膜症であると診断するためには、蛍光眼底検査という網膜血管の造影を行い、毛細血管の閉塞状態を調べることが必要です。

 

網膜光凝固療法

 

前増殖網膜症の時期には、網膜毛細血管の閉塞部位が広がり、酸素不足や栄養不足となった広範囲の網膜に新生血管が出現します。

 

このことが糖尿病網膜症を悪化させ、失明の危険性が高い増殖網膜症に進行させる最大の原因です。

 

そこで、レーザー光線を瞳孔から眼の中に送り込み、眼底にある網膜に集光させて熱を発生させ、毛細血管が閉塞している部位の網膜を凝固することにより、悪影響を断ち切ろうとする治療法が「網膜光凝固療法」です。

 

この方法で網膜や硝子体に大出血を引き起こしやすい網膜新生血管の出現を予防するわけです。

 

網膜の中心部を除いた広範囲な網膜全体を凝固することが多く、通常4-5回にわけて行います。

 

硝子体手術

 

増殖網膜症になってしまうと光凝固療法は無効です。

 

以前は網膜に増殖性の変化や網膜剥離がおこると、もはや治療法がなかったのですが、1980年代にはこのような眼に対しては硝子体手術という治療法が試みられ、そのあとは失明を回避する例が多くなってきました。

 

硝子体手術は、直径1ミリ程度の細い管を三本ほど眼球内の硝子体に差し込んで、硝子体内にある出血や増殖物など濁った組織を取り除くことによって、外からの光が網膜に届くようにして視力の回復を図る手術です。

 

最近は、増殖網膜症によって発生した難治性の網膜剥離も、場合によってはこの手術によって治すことができるようになりました。

 

しかし、増殖網膜症の時期になると網膜自体がかなり傷んでいて正常の機能を保っていないため、硝子体手術が成功しても以前のようなよい視力を取り戻すことは、かなりむずかしいといえます。

 

このような状態にならないためにも、適切な血糖のコントロールと眼科での定期検診が大切なのです。



HOME プロフィール お問い合わせ