生活習慣病:白内障



生活習慣病の基礎知識:白内障

 

生活習慣病の基礎知識:白内障

 

水晶体が混濁している

 

白内障とは、眼の中のレンズである水晶体が白く混濁したために、外からの光が眼球内へ十分に入らなくなった結果、視力が低下している病気です。

 

透明であるべき水晶体がどうして混濁するのか、その原因はいまだ不明の点が多いのですが、老化などによって水晶体を構成するクリスタリンという蛋白質が変成するたmと考えられています。

 

いろいろな原因による白内障がある

 

老化による老人性白内障が最も多く、白内障全体の90%以上を占めています。

 

年代別では六十代で60%、七十代では70%以上の人が老人性白内障にかかっているといわれています。

 

その他に、糖尿病によるもの、ステロイド剤などの薬物の副作用によるもの、外傷によるもの、アトピー性皮膚炎に合併するものなど、いろいろな原因によっておこる白内障もあります。

 

老人性白内障は徐々に進行

 

白内障の症状には、視力低下の他に、霧がかかって見える(霧視)、まぶしさ、ものが二重に見える(一眼複視)などの訴えがありますが、これらは水晶体の混濁している部位とその程度によって異なります。

 

老人性白内障では混濁が水晶体の周辺部から徐々に始まるため、初期には中央部分は透明であり、またものがよく見えるので症状が軽度で、本人は気がつかないことがあります。

 

しかし、進行するにしたがって徐々に霧視などのいろいろな症状が出てきます。

 

混濁が増加して瞳の中央部にまで及ぶようになると、視力は急速に低下するようになります。

 

特殊な白内障の混濁部位

 

若い人の糖尿病白内障やステロイド白内障などでは、水晶体の混濁の程度に比べて視力低下が強かったり、視力検査では良好であるにもかかわらず本人の見えにくさの訴えが強いという場合がよくあります。

 

これは、混濁そのものは小さくてわずかなのですが、その部位が水晶体の中央部にあるためなのです。

 

このような場合は、あまり明るくないところでは瞳が大きく開いて、混濁の周囲から光が入ってくるのである程度見えていますが、まぶしい光があたると瞳が小さくなってほとんど見えなくなってしまいます。

 

車を運転するときは夜間の対向車のライトや、昼間でもトンネルから出るときなどには注意が必要です。

 

健診で発見されることもある

 

一般の健診で行われる眼の検査には、白内障の有無を直接調べる項目はありません。

 

しかし、視力が低下していて眼底写真の検査で眼底がぼやけて写っているようなときは、白内障が疑われるため検査結果の所見に付記されることがあります。

 

進行すれば日常生活にも支障をきたすことになるので、疑いがあったら早めに眼科専門医の診断を受けることを勧めます。

 

最近では、濁った水晶体を人工のレンズ(眼内レンズ)に取り替える手術も、たいへん安全で容易にできるようになり、日常生活の不自由さを解消できるようになりました。

 

眼科での定期検査が大事

 

白内障と診断されたら眼科医を受診して、視力低下の程度とともに水晶体の混濁がどの程度進行しているかを知ることが大切です。

 

白内障の治療薬として点眼薬や内服薬などがありますが、これらの薬剤は白内障の進行をある程度遅くさせるためのものであり、一度混濁してしまった水晶体をもとのように透明にすることはむずかしいようです。

 

症状を改善させるためには手術が必要となります。手術の適切な時期を決めるためにも眼科での定期検査が重要です。

 

手術はいつ受けるべきでしょうか

 

1980年代半ばころまでは、視力がかなり悪くなるまで待ってから手術を受ける人がほとんどでした。

 

これは手術の安全性が現在に比べて低かっただけでなく、手術後に分厚い眼鏡やコンタクトレンズをつけなければならなかったため、とても不便だったことにもよります。

 

最近はかなり早い時期に手術を受ける人が多くなってきました。

 

手術が飛躍的に進歩し、安全性もたいへん向上してきたことに加えて、眼内レンズの登場により、術後の不便さが解消したからです。

 

高齢者でも仕事をし車を運転する社会となってきました。

 

手術を担当する眼科医と相談して、手術のメリット・デメリットを十分納得したうえで、本人の社会生活での必要性に応じて、手術を受ける時期を決定するとよいでしょう。

 

放置しておくと合併症も発生

 

眼科医からそろそろ白内障の手術を受けたほうがよいといわれたにもかかわらず、いつまでも手術を受けずに放置しておくと、水晶体がふくらんで急性緑内障の発作をおこしたり、眼内の炎症をおこしたりすることがあります。

 

また白内障が進行し過ぎると、白内障手術がむずかしくなってしまうこともあります。

 

最近の白内障手術は、非常に安全でしかも楽に受けられるようになりました。

 

手術の適切な時期を逸しないよう注意しましょう。

 

最近の白内障手術は進歩している

 

白内障は眼の中にあるレンズ(水晶体)が濁ったためにおこる病気です。

 

手術は麻酔で痛みを取り除いたあと、濁った水晶体を取り出し、かわりにきれいな人工のレンズ(眼内レンズ)を埋め込むことになります。

 

最近の手術では、これらの技術が飛躍的に進歩しています。

 

古くから行われていた局所麻酔の方法は、麻酔自体がとても痛いという欠点がありましたが、最近はテノン嚢麻酔や点眼麻酔など、痛くない麻酔によって快適に手術を受けられるようになりました。

 

従来の水晶体摘出法は、水晶体の中身をそのままの形で取り出すという方法でした。そのため切開幅を11ミリとかなり大きくする必要があり、手術による侵襲が強く、また手術後の乱視も強くなるという問題点がありました。

 

最近は、三ミリくらいのたいへん小さな傷口から手術器具を眼内に入れ、超音波で水晶体の中身を砕いてから吸引するという手術の方法(超音波乳化吸引術)が広く普及してきました。

 

手術に要する時間は10-20分くらいで、侵襲が少なく術後の乱視も少ないため、手術直後からたいへんよい視力を得ることができ、早期に社会復帰ができるようになりました。

 

かわりに挿入する眼内レンズも、いろいろな改良が加えられており、術中も術後も、より安全でより快適な手術が行われるようになっています。

 

術前によく説明してもらいましょう

 

最近の白内障手術の進歩は画期的といえるものではありますが、手術を受ければ完全に昔の状態にもどるわけではありません。

 

手術によって発生するデメリットについても、術前にしっかりと説明してもらって、よく納得してから手術を受けましょう。



HOME プロフィール お問い合わせ