生活習慣病:一過性脳虚血発作



生活習慣病の基礎知識:一過性脳虚血発作

 

生活習慣病の基礎知識:一過性脳虚血発作

 

脳の血流の一時的停滞による発作

 

脳の細小動脈が一過性に詰まったり狭くなって血液の流れが減少しておこる、脳卒中の一種のことです。

 

半身のまひやしびれ、軽い言語障害などをおこしますが、ほとんどは数分から数時間で感覚がもとどおりになり、症状も消失することが多く、24時間以内に治るものを一過性脳虚血発作といっています。

 

ただ、何日も症状がつづいてから治るものもあり、この場合は可逆性虚血性神経障害といって区別しています。

 

脳動脈の血液の流れを減少させる原因は、小さな凝血塊(血栓)や脂肪などの異物が血管をふさいでしまう場合と、原因としては少ないのですが、高血圧のために細い動脈の動脈効果が進んで血管が狭くなっているときに、低血圧や心臓障害などがおきて血液の流れが弱くなり、その先の血流が滞る場合があります。

 

脳の動脈の血液の流れが滞っても、血栓が再び溶けて流れたり、減少した血流が回復して血管の狭窄部分の先に血が流れるようになれば、まひなどの神経障害も回復します。

 

これが一過性脳虚血発作です。

 

脳梗塞の前ぶれ発作として重要

 

食事中に箸を取り落としたり、急に片方の目の焦点が合わなくなったりすると、そのときは心配であわてても、やがて症状が治まると軽くみてしまいがちです。

 

しかし血栓が詰まるなどして血流が途絶えたのは確かで、むしろもう一度おこりやすくなっていると考えるべきです。

 

高血圧を合併しているときは、細い血管の動脈硬化による血管狭窄が進んで、さらに血栓が詰まりやすくなっており、注意が必要です。

 

症状がなくなればほぼもとどおりに回復するのが一過性脳虚血発作なのですが、放っておけばまた発作をおこしやすく、数年以内には20?30%の人が重症な脳梗塞を発症するといわれており、いわば脳梗塞の前ぶれ発作として適切な対処が大切です。



HOME プロフィール お問い合わせ