生活習慣病:糖尿病性神経障害



生活習慣病の基礎知識:糖尿病性神経障害

 

生活習慣病の基礎知識:糖尿病性神経障害

 

高血糖が神経の障害をおこす

 

成人病として糖尿病が怖いのは、しばしば重症の合併症をおこすことで、この病気も三大合併症の一つに数えられています。

 

血液中の糖が多い状態がつづいていると、細小血管の障害や神経の代謝障害がおきて、末梢神経である感覚・運動神経や自律神経の働きに異常がおこります。

 

末梢神経の障害では手足のしびれや痛み、動かしにくいなどの症状が現れる多発性神経炎がおこり、進行すると痛みで歩けない、夜眠れないなどの状態になることもあります。

 

また自律神経の障害では内臓の働きの異常から、下痢、便秘、脈拍の異常、排尿や発汗の異常、立ちくらみ、インポテンツなどさまざまな症状が現れ、著しく生活の質的低下を招く病気です。

 

いろいろな合併症が同時におこる

 

高血糖による末梢血管障害は周辺の組織の栄養や酸素不足をおこし、神経障害もおこしますが組織細胞の死も招きます。

 

下肢の先のほうにおこると、皮膚がただれる糖尿病性壊疽という合併症をおこしますが、ひどいただれでも痛みを感じないことがあります。

 

これは循環障害による壊疽ばかりでなく、潜行性の感覚神経障害を同時におこしているからです。

 

合併症はいずれも糖尿病が進行してくるとおこりますが、糖尿病性壊疽の場合でもわかるように、たいていは血管障害、神経障害、網膜症、腎症、動脈硬化などいくつもの合併症が重なっていることも少なくありません。



HOME プロフィール お問い合わせ