生活習慣病:認知症



生活習慣病の基礎知識:認知症

 

生活習慣病の基礎知識:認知症

 

記憶障害がある

 

年をとるともの忘れが気になり、認知症の始まりかとゆううつになることがありますが、たいていは健忘といわれるもので、認知症ではありません。

 

老人性認知症には大きな特徴が2つあります。

 

1つは単なるもの忘れとは違う記憶障害があることです。

 

何かを置き忘れるとか人の名前を忘れるのではなく、体験したこと自体が記憶から欠落してしまうのです。

 

今終えたばかりの食事がまったく記憶になく、また初めから食べようとします。

 

忘れたという自覚がないのも認知症の特徴です。

 

もう1つは認知症症状が進行することです。

 

単純な記憶障害から判断力の障害へと症状が深まるのです。

 

場所や時間への見当識がなくなったり人のみわけがつかなくなったりします。

 

2つのタイプ

 

このような老人性認知症には、主に2つのタイプがあります。

 

1つは脳の神経細胞の原因不明の変性でおこるアルツハイマー型認知症で、もう一つは脳卒中による循環障害が原因で脳の組織が障害されておこる脳血管性認知症です。

 

アルツハイマー型では大脳全体がおかされますが、脳血管性認知症では主に大脳白質が障害されておこります。

 

ほかに脳の外傷や脳腫瘍などによる脳の損傷が原因となることもあります。

 

脳出血や脳梗塞などの脳卒中が原因でおこる脳血管性認知症では、片まひをともないがちで寝たきりになることも少なくありません。

 

脳の神経細胞が徐々に変性し脱落していくアルツハイマー型認知症は、発病年齢の違いから、初老期からみられる若年性アルツハイマー型認知症と、65歳以上の老年者にみられる老年性アルツハイマー型認知症に分けられます。

 

いずれもいつとはなしに進行し、軽症のうちは単なる健忘症と間違えられることが少なくありません。

 

アルツハイマー型認知症は50代ころに多くなりますが、老年性認知症とともに原因がよくわからず、薬物療法以外に決め手がないため、改善することができず進行を抑えるしかない厄介な病気です。

 

薬物療法としてはアセチルコリンエステラーゼ阻害薬(内服薬、貼付薬)による治療法とNMDA阻害薬による治療法があります。

 

認知症の現れ方のタイプや程度はいろいろですが、終局妄想、徘徊、言語障害、人格の形骸化、お漏らしなどがその代表的な症状です。

 

次々と直面することを忘れ、生活に連続性がないのが特徴で、そこに症状がおこるので、家族の対応は大変になります。



HOME プロフィール お問い合わせ