生活習慣病:脳梗塞



生活習慣病の基礎知識:脳梗塞

 

生活習慣病の基礎知識:脳梗塞

 

血栓が脳動脈に詰まっておこる

 

脳には細く枝わかれした動脈がたくさんありますが、何かの理由でできた血液の塊などが、血栓となって血管をふさいでしまうことがあります。

 

動脈硬化が進行しているときなどは動脈の柔軟性がなく、内腔が狭くなっているので血栓ができやすく、血管もふさがりやすいのです。

 

脳の細小動脈に血栓が詰まると、酸素や栄養の供給が途絶えてしまうので、周辺の脳の組織は働かなくなり長引けば脳の一部は死んでしまいます(壊死)。

 

この状態を脳梗塞といいます。このおかされる部位によって症状の現れ方は違ってきます。

 

脳血栓と脳塞栓

 

脳の血管に血栓が詰まって脳の組織に異常がおこる脳梗塞には、大別して脳血栓と脳塞栓があります。

 

脳卒中というのは脳梗塞と脳出血をあわせた一般の呼び方です。

 

脳血栓は脳に分布している細い動脈の中で固まった血が、血栓となってその部位の血管に詰まってしまうもので、高血圧などで細い血管の動脈硬化が進行しておこることが多く、脳の動脈壁の狭窄部位ではとくに凝血塊ができて詰まりやすくなります。

 

脳塞栓になる人は脳血栓に比べて少ないのですが、脳以外の場所でできた凝血塊や異物が、脳の血管に運ばれてきて栓子となって動脈をふさいでしまうものです。

 

これには、頭蓋内外動脈硬化からできるものと、心臓病などでできた栓子があります。

 

前者によるものは動脈?動脈性脳塞栓(アテローム硬化性脳塞栓)、後者によるものは心原性脳塞栓と呼んでいます。

 

脳血栓は徐々に脳塞栓は突然おこる

 

脳出血では血圧が落ち着く夜間は、発作がおこることは少ないのですが、脳梗塞では血液の流れが落ち着く夜は、かえって血栓が形成されやすく血管につかえて血液の流れを止めるので、発作がおきやすい傾向があります。

 

脳の動脈が血栓でふさがれると、たいていはからだの片側にまひやしびれ(半身不随)の症状が現れます。

 

手足の感覚が鈍ったり、ものがつかめなかったりします。言葉がしゃべれなくなったり、意識障害がおきることもあります。

 

脳血栓、脳塞栓のいずれも症状は同じようなものですが、脳血栓では脳の血管の中で徐々に血栓が造られていくので、症状は数日かけてゆっくり現れてくる傾向がありますが、脳塞栓では他の部位でできた血栓が脳に流れてきてつまるので突然強い症状が現れ、意識障害が強く現れる傾向があります。

 

脳梗塞の前ぶれ発作に注意

 

脳血栓の場合、いったん脳の動脈をふさいだ血栓が血液中に溶けだして流れ、まひしていた感覚が短時間のうちに再び戻ってくることもよくあります。

 

じきに回復してもとどおりになるので、一過性脳虚血発作といわれています。

 

食事中に箸や茶碗を取り落としたりして発作に気づきますが、比較的短い時間(少なくとも24時間以内)で回復するので軽くみることがあります。

 

しかしこれは近いうちに脳梗塞の発作がおこる前ぶれの症状なので、厳重な注意が必要です。



HOME プロフィール お問い合わせ