生活習慣病:動脈硬化



生活習慣病:動脈硬化

 

生活習慣病:動脈硬化

 

血管の柔軟性が失われておこる

 

動脈は心臓が強い力で押し出した血液が流れるパイプなので、柔軟で弾力性に富んでいます。

 

動脈がこの柔軟性や弾力性を失って硬くなった状態を動脈硬化といいます。

 

動脈硬化が進行すると、いろいろな病気をおこすもとになりますが、とくに中高年になってから、狭心症や心筋梗塞などの心臓病、脳出血や脳梗塞などの脳の病気をおこすので、注意しなければなりません。

 

動脈硬化は年をとるにしたがって進行するので、一種の老化現象とみることもできますが、食生活などの日常生活次第では、進行を遅らせることも十分考えられるものです。

 

アテローム硬化と細動脈硬化

 

動脈硬化の主なものは、1つはLDLコレステロールや血小板などの血液成分が動脈の内壁に沈着しておこる粥状動脈硬化(アテローム硬化)であり、もう一つは高血圧がつづいているために末端の細い動脈がいつも張り詰めた状態となって、次第に血管の柔軟性が失われておこる細動脈硬化です。

 

粥状動脈硬化は主に幾分太めの血管におこりやすく、その血管から先の臓器や組織への酸素や栄養の供給を滞らせて、いろいろな障害をおこす原因になります。

 

なかでも心臓に血液を送る冠動脈では狭心症や心筋梗塞の原因となり、内頸動脈や脳動脈の場合は脳梗塞の原因になります。

 

また細動脈硬化が進行すると、脳出血や脳梗塞がおこりやすくなり、腎臓の働きを低下させるなどの影響も出てきます。

 

動脈硬化を促進する自覚症状のない病気

 

動脈硬化は血管の老化現象の現れとみることもできますが、何年、何十年の生活習慣の積み重ねによってわずかずつ進行するものであり、生活のあり方次第によっては老化を遅らせることができるものです。

 

糖尿病、高コレステロール血症、高血圧の3つの動脈硬化性疾患はとくに生活習慣と関係が深いものとして注意が必要です。

 

動脈の老化度でみると、これらの病気を合併している場合、50歳の人では健康な70歳と同程度という調査結果もあります。

 

またいずれもふだんはほとんど自覚症状がなく、健診の検査結果などでわかることが少なくありません。

 

気づいたらすぐにでも生活改善を図って動脈硬化を予防することが大切です。

 

低年齢化する動脈硬化

 

最近、小学校低学年の児童にも動脈硬化症の血管変性がみられ、成人病の低年齢化が問題となっていますが、動脈硬化の危険因子と照らし合わせてみると、明らかに食習慣に関連した因子が深くかかわっていることがうかがわれます。

 

食習慣のほかには喫煙、運動不足、A型の性格(物事に積極的だが攻撃的、短気で怒りっぽい性格)、心身のストレスなどが生活因子として指摘されています。



HOME プロフィール お問い合わせ