生活習慣病:狭心症



生活習慣病:狭心症

 

生活習慣病:狭心症

 

動脈硬化が原因で心臓が酸欠状態

 

心臓は丈夫な筋肉でできた重要臓器で、1日に10万回も伸縮を繰り返し、絶えず全身に血液を送り出しています。

 

そのため心臓はエネルギーや栄養の消費も活発で、冠(状)動脈で自身を包むようにして酸素や栄養を供給しています。

 

狭心症はこの冠動脈が動脈硬化(粥状動脈硬化)などで血管の内腔が狭くなり、血液が流れにくくなっておこります。

 

安静にしているときは全身の酸素や栄養の消費も少ないので、血液の供給も少なくて済みますが、運動などをすると全身に血液を送ろうとして心臓は盛んに伸縮します。

 

心臓自身も当然酸素や栄養の需要が大きくなりますが、動脈硬化で冠動脈の内腔が狭くなり、十分な血液が流れないので心臓が酸素欠乏状態に陥ります。

 

これがいちばん多い労作狭心症で、激しい胸痛(狭心発作)をともなうのが特徴です。

 

反対に夜間の就寝中などに軽度から中等度の動脈硬化がある冠動脈のけいれんからおこる安静時狭心症も少なくありません。

 

このようなけいれんは、冠動脈の平滑筋の収縮によっておこりますが、長くつづくと心筋梗塞になることがあります。

 

激しい胸の痛みが数分続いておさまる

 

狭心発作は胸の痛みとしておこります。

 

前胸部や胸の奥が激しく痛み、ときに圧迫感やしめつけ感をともなって、多くは数分つづいておさまります。

 

痛みは左の肩や腕に広がったり、みぞおちや背中、のどやあごなどに感じることもあり、ときには動悸、息切れ、めまい、冷感などがおこることもあります。

 

階段を昇るときや重いものを持ち上げるときにおこる労作狭心症は、静かに休めば痛みはなくなりますが、安静時狭心症は夜中の睡眠中や、早朝のだいたいきまった時間帯に(異形狭心症)よくおこります。

 

喫煙、飲酒、急な精神的興奮、寒冷、食事、入浴なども、発作をおこすきっかけとなることがあります。

 

狭心症を調べるいろいろな検査

 

狭心発作をおこしたことがある人でも、病院で受診したり検査を受けるときは、発作をおこしているわけではなく、心電図をとってもとくに異常が認められないことが少なくありません。

 

そこでは問診がたいへん重要になります。

 

また意図的に心筋虚血の状態を作り出し、心電図をとって調べる運動負荷試験(トレッドミルなど)が行われたり、発作的に的確な心電図がとれるように24時間連続して心電図記録ができるホルター心電計を用いた検査を行うこともあります。

 

そのほか必要に応じて負荷心筋シンチグラフィー、負荷心エコー、冠動脈造影などの検査が行われています。



HOME プロフィール お問い合わせ