生活習慣病:心筋梗塞



生活習慣病:心筋梗塞

 

生活習慣病:心筋梗塞

 

狭心症より強烈な発作が長くつづく

 

前項の狭心症と心筋梗塞とあわせて虚血性心疾患といいます。

 

虚血性とはひと口でいえば、局部的に血液の流れが正常な状態より極度に少なくなったり、止まってしまうことをいいます。

 

狭心症も心筋梗塞も、心臓専用の血管(冠動脈)が動脈硬化などが原因で血液が十分に流れなくなるために、心臓が酸欠パニックに陥って虚血性の発作をおこします。

 

とくに血管がふさがって血液が流れなくなると、その部分の心筋の組織が死んで(壊死)、強烈な胸の痛みをともなう心臓発作をおこします。

 

これが心筋梗塞で、発作は数十分以上もつづき、顔面蒼白、冷や汗、呼吸困難、嘔吐などの症状をともない、意識不明に陥ったり、ときには生命にかかわる危険もある病気です。

 

脂肪がたまる冠動脈硬化が主な原因

 

心筋梗塞をおこす原因はほとんどが、狭心症と同様にアテローム硬化が冠動脈におこったものです。

 

冠動脈のアテローム硬化は突然おこるものではなく、長い間に身の回りの危険因子が影響して徐々に進行していきます。

 

身の回りの危険因子にはいろいろなものがありますが、主なものをあげれば、高齢、家族性、高脂血症、高血圧、糖尿病、肥満、喫煙、運動不足、ストレス、A型の性格(積極的だが攻撃的で短気な性格)、高尿酸血症などがあります。

 

このような危険因子が継続的に働いて、冠動脈硬化が進行していると、急に激しい運動をしたり、暖かい部屋から寒い戸外へとび出したり、突然の怒りや恐怖を経験するなど、急激に心臓への負担がかかったりすると、それがきっかけとなって発作がおこることが多くなるのです。



HOME プロフィール お問い合わせ